• 廣野光

【おりもの】のセルフチェックで身体の変化を見逃さないで!

みなさんこんにちわ!ポレ自由が丘3姉妹治療室の三女、ヒカル先生です(^^)/

あっという間に1月が終わり、今日は立春です。 

暖冬だったせいか近所の梅や桜のつぼみが膨らんでいました。

河津桜はちらちらと咲いてます(*^^*)

これからまた寒さがぶり返すようなので、皆様風邪や例のウィルスに罹らないようしっかりお灸をして免疫力を高めましょうね(^^♪

さてさて、今日は【 おりもの 】のお話です。

なかなかナイーブなお話なので人とも比べにくく、こんなものかな?とあまり気にされていない方も多いのではないでしょうか?

おりものは子宮頚管、膣からの分泌物で、雑菌の侵入を防ぐ大事な役割のほか、体内の老廃物を排出したり、受精の手助けもしてくれます。

おりものの異常は子宮や膣のトラブルサイン。炎症を起こしている場合、酷いと卵管が詰まって不妊の原因にもなりえます。見逃さないよう自分でチェックできるようになりましょう☆彡

注意が必要なおりものは大きく分けて3パターン

  1. おりものが黄色or泡が混じっている+外部に痒みがある

  2. おりものが白いカテージチーズ状+強い痒み

  3. おりものの量が急激に増えた

当てはまるものはありますか?

それぞれ解説していきます! 

おりものが黄色or泡が混じっている+外部に痒みがある

トリコモナス膣炎の可能性があります。 泡状で黄色(又は黄緑色)の生臭いおりものが生じ、陰部が過敏になり痛みが生じることがあります。女性は膣炎、男性はほとんど症状が出ません。

ピンポン感染(カップルで同時に治療しない限り、感染し続けること)を起こし、感染している妊婦から新生児への垂直感染もあります。

驚きなのが、性交の経験がない女性や幼児でも感染があることです。

性行為以外に、下着、タオル、便器や浴槽などに触れることによる感染などが知られています。

トリコモナスは水中に強く、かなり長時間感染性があります。このことが、浴槽などを介した家族内感染と関係があると考えられます。

男性はトリコモナスの検出が大変難しいため、パートナーがトリコモナスと診断された場合は治療が必要。怪しいな、と思ったら早めに病院へ!パートナー二人の治療が必須です。

おりものが白いカテージチーズ状+強い痒み

カンジダ症の疑いがあります。

膣の中にいる乳酸菌の一種「カンジダ菌」が増殖した結果、 外陰部や股部の炎症を引き起こし、カテージチーズやオカラ状の白色のおりものが見られるようになるなどの病状があらわれるようになります。 通常であれば、この乳酸菌が持つ自浄作用により悪い菌の繁殖を防いでいるのですが、何かしらのきっかけにより乳酸菌のバランスが崩れることがあります。 そのほとんどが免疫力の低下といわれており、ひどく疲れている時は要注意。

性器カンジダ症の症状が軽いのであれば自浄作用によって自然治癒する場合もあるとはいわれています。しかし、おりものが大量に出る、強い痒みが出るなどの症状があらわれたときは専門医による診察を受けて治療を受けるようにしましょう。

おりものの量が急激に増えた

子宮や膣の炎症・子宮膣部びらん・筋腫などが考えられます。

子宮の炎症やびらんはよくある事ですが、おりものの量が急激に増えた場合は子宮筋腫の可能性もあります。また、子宮頸癌や子宮体癌の場合も同様に大量のおりものが出るので、早めの受診を心がけましょう。妊活のためには何事も早期発見が重要です。 

番外編  正常なおりものの量や状態も知っておきましょう

危険なおりものは分かったけど、正常なおりものはどんなの??月経周期によって量や状態が変わることも、知っておきたい情報です。

■健康なおりものは乳白色

健康な女性のおりものは、乳白色で、ヨーグルトのような少し酸っぱい匂いがするのが一般的です。酸っぱいニオイがするのは、腟の中にいる乳酸桿菌が乳酸を分泌しているためです。そのおかげで、腟内は酸性に保たれ、雑菌が増えないようになっています。

■月経周期とおりものの量や変化

おりものの色や量には、個人差があります。大切なことは、自分のいつもの状態を知っておくこと。おりものの量は、月経周期によっても変化します。自分のおりもののパターンを把握しておけば、おりものの変化にいち早く気づくことができ、排卵日の予想もしやすくなりますよ。

生理(月経)後:直後の量は少なめで、さらさら。

排卵前(低温期):最も量が増える時期。半透明の粘り気のあるおりものが2〜3日続きます。においは弱め。

排卵後(高温期):だんだん量が減っていく。

生理前:量が増え始め、下着につくと黄色っぽく見えるようなおりものが出ます。比較的においも強くなります。

まとめ

いかがでしたか?おりものの異常のサインと、健康なおりものの差が少しわかったかと思います。

おりものは個人差が大きく、排卵期など生理周期によって変化するものです。まずは自分のおりものの様子やパターンを知っておくことが大切。いつもと明らかに違う様子のおりものが大量に出たり、不正出血や腹痛、異常な匂いなどを伴うような場合には、婦人科を受診し、適切な診断をしましょう。

普段と違うことはおりものに限らず体の不調のサインです。お風呂場や全身鏡、お手洗い、いろんな場所が自分の健康チェックのチェックポイントになります。

自分の身体に耳や目や鼻、すべての感覚を傾けてあげる時間がとっても大切ですね。

これってどうなんだろう?と少しでも不安なことがあれば、ポレでもぜひ相談してください。  

-------------------------------------------------------

今週のハルくん

なんだか小難しいお話しでしたので、気分安め(?)に愛犬ハルの写真を(*´ω`*)☆彡

「おーい!はる〜!」と呼ぶと振り返ります(一瞬)